前へ
次へ

レンタカーに乗る時はぶつけないように注意

日頃の運転をどれだけ注意して丁寧に行っていても、ちょっとしたかすり傷などが付いていたりすることもあります。
レンタカーを使うとなると、ふだんの自分の自動車以上にさらに神経を尖らせて乗っていると思いますが、それでも思いもかけないトラブルに見舞われたりする事がないわけではありません。
レンタカーを申し込む前にいろんな補償などのオプションに加入するかどうか迷う事もありますが、自分で気をつけていたとしても他から当てられたりした時も借りた側の責任になるため、安心料と思って加入しておいた方が万が一の事があった時にも本当に助かったと思えるものです。
また、ちょっとした擦り傷ぐらいなら見つからなさそうだと思って報告を怠ったりすると、後から実費請求が来たりすることもあります。
きちんと事故の報告を行い保険適用ができるようにするためには、各会社の規定に沿って連絡を利用会社や警察に届け出たりするという細かな対応をすることが大切です。

Page Top